FC2ブログ
もし宜しければお茶していきませんか?
2018/07«│ 2018/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2018/09
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
14:27:30
久々にバトンをしました^^
詩って楽しいですよねー。
読み返すとかなり恥ずかしいですが(爆

バトン

Q1 翼がなくても大丈夫
A1 そんなものに頼らずとも 貴方が傍にいてくれるから
Q2 昔をひきずるのでなく一緒に連れていこう
A2 そして見せ付けるんだ 強くなった今の私を
Q3 笑顔溢れるこの場所が愛しくて
A3 どうしようもないくらい愛してるのに 私は罪深くて 壊してしまうのを恐れていて
Q4 泣きたくなったらそばにいる
A4 だからもう 全てを僕に委ねて
Q5 終わりは突然来るものだから
A5 今だけを見ればいいよ 君はそんなに器用じゃないだろう?
Q6 最後に貴方の考えた詩をお願いしますm(__)m
A6 君はこの世で一番儚いから 触れればすぐに消える泡沫 だから 僕が包み込んであげる
スポンサーサイト

17:48:50
最近バトンばっかりやってる(-_-;)
仕方ないじゃん!楽しいんだもん!(知るか
今回は朝邑の得意分野こと「甘い台詞」が題材のバトンをしました^^
ええ。オレはこーゆーの得意ですよ?
言いまくって友人のオカマ雨佳さんにウザがられましたがww
それではどぞぞ^^

甘い台詞バトン

Q1 君のそばで
A1 最後は朽ちたい。君のその愛しい顔を見ながら最期を迎えられるなんて最高だよ。
Q2 初めて
A2 誰かを自分だけのものにしたいと思ったよ。
Q3 心から
A3 君を守りたいと感じた。
Q4 探していた
A4 君みたいなお姫様。
Q5 まるで
A5 天から舞い降りてきた天使みたいだね。君は。
Q6 本当に
A6 僕でいいんですか?
Q7 君という存在
A7 世界ではちっぽけなもの。でも、僕の中では一番大きい存在。
Q8 俺にとって
A8 お前は世話の焼けるどうしようもないヤツだが、なによりこの世で最も愛しいヤツでもある。
Q9 ずっとずっと
A9 君だけを愛し続けると誓うよ。
Q10 永遠に
A10 僕の隣に居ればいいよ。
Q11 笑って
A11 君に泣き顔は似合わないから。
Q12 だって
A12 君が好きなんだもん。
Q13 一緒に
A13 これからも居ようね。
Q14 共に
A14 生きていくことを約束する。
Q15 有難うございました。
A15 楽しかったです^^

15:52:56
さっきの小説とは真逆だよ^p^
その事に気付いて泣きたくなったorz
まあ口直しということで^^;

さよならの後にバトン

Q1 嘘つき
A1 愛してるって抱き締めてくれたのに
Q2 終わってしまったの?
A2 なら、もう一度始めましょう?
Q3 ねえ、笑ってよ
A3 じゃないと僕も泣きそうだ
Q4 もしも夢ならば
A4 このまま終わらせて、僕を夢に閉じ込めて
Q5 冷たくなった手を
A5 無意味と知りながら握り続けた
Q6 雲一つない空
A6 醜い俺とは真逆の存在。けれど知らずにその存在を求めていた
Q7 心の空白というものは
A7 もう何も刻む事の出来ない悲しい美しさ

18:01:19
ついかっとなった。
ブログのネタがなくてやった。
とにかく、素敵すぎてやった。

そんなノリのバトンです^^;

君のための6つのテーマバトン

Q1 君の涙と降りしきる雨
A1 もう、何なのか分からなくなって君を強く抱き締めた
Q2 君の笑顔と一輪の花
A2 両方美しくて愛らしい。けど、愛しいのは君だけだ
Q3 君の嘘と灰色の部屋
A3 君で埋められていた空間に灰色の虚無が生まれた
Q4 君の夢と闇夜の星
A4 沢山の輝く星の中で君はシリウスのような存在だった
Q5 君の怒りと道端の猫
A5 今にも壊れそうで、儚くて。けど、その中に炎の如く強さを秘めていて
Q6 君の幸せと陽だまりの庭
A6 外界とは違う世界。ここが僕の居場所。誰にも壊させない、エデンの園
Q7 ありがとうございました。何か感想などございましたらどうぞ。
A7 楽しかったです。此方こそありがとうございました^^

01:36:01
あにまさんの歌うハジメテノオトを聴きながら綴りました。
興味を持った方はお持ち帰りしてみてくださいー。
見に行くので(笑

言葉綴りバトン

Q1 確かに聞こえた、音を立てて落ちるのが。
A1 あの日、君と永久を誓った指輪の音。
Q2 僕らが過ごしたあの夏は、
A2 現実味のある、最上級の夢。
Q3 君は決して嘘じゃないと笑った。
A3 僕は知ってた。それが嘘だって事を。
Q4 この広大な世界を見下ろして、
A4 初めて世界を美しいと感じた。
Q5 窓から吹き抜ける風が
A5 慰めるかのように、傷ついた僕の心を優しく撫ぜる。
Q6 狭い路地裏をただ一人、
A6 黒猫のように孤独に佇む。
Q7 庭の片隅に咲く一輪の花。
A7 君の面影と重なって、涙が零れた。
Q8 何気なく上を見上げれば、
A8 彦星と織姫星が仲良く寄り添う。
Q9 外は雨。僕は呆然と立ち尽くし
A9 僕の頬にも雨が降った。
Q10 おつかれさまでしたー。
A10 乙でしたー。楽しかったですー。

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ
FC2ブログランキング
ランキングです^^ もし宜しければお願いしますです。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村ランキング
プロフィール

朝邑深門

Author:朝邑深門
駄文を書く程度の能力を持った物書き。
書く(晒せる)小説のジャンルはオリジナルのみ。
嫁と歌い手さんが好き過ぎて生きるのが辛い。
ニコ厨というか歌い手厨です。

似たような趣味の方がいらっしゃったら気軽にお声かけてください。
最近は超次元テニスにお熱。

そしてこれでも高校生。

FC2カウンター
カウンターです。
カテゴリ
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。